英語での電話、でも大丈夫 | EF Englishtown

ようこそ!言語を選択してください

ようこそ! ログインはこちらから

会員登録はお済みですか?
最先端のオンラインスクールで英会話スキルアップしましょう!

閉じる
無料英会話 >> 英語の電話 >> 英語での電話、でも大丈夫
【無料英会話】コラムや動画を見て英語表現や英単語を学ぼう

英語での電話、でも大丈夫

英語を学んでいる人にとって、誰でも英語で電話をかけることは本当に難しく感じるようです。しかし外国を旅行していたり、外資系の会社で働いているならば、英語で電話をすることは必要となってきますね。この最後の障壁をどのようにクリアしたらよいでしょうか?では次の言い回しやテクニックを見て、いつでも英語で電話できるように準備しておきましょう!


はじめに
電話をかけるときは、まず自己紹介からですね: "Hello, this is Peter Jones. (もしもし、こちらはPeter Jonesですが。)もし電話に出た際に、相手の方が分からなければ: "May I ask who's calling, please?"(恐れ入りますが、どなたでしょうか?)と尋ねることが出来ます。

誰かにつないでもらう/お願いをする
誰か特定の人と話したい場合には、丁寧にお願いしてみましょう。例えば:"May I speak to Rachel Smith, please?" (Rachel Smithさんはいらっしゃいませんか?) 内線番号は知っていても、相手の方の名前を知らない場合には: "Could I have extension number 635?" (内線番号635の方はどなたですか?)と尋ねることも出来ます。また特定の用事で電話している場合には: "I’m calling to make a reservation." (予約をお願いしたくお電話しております)などと告げることが出来ます。

電話を保留したり転送したりする
"Please hold" というのは、電話用語において「少々お待ち下さい。」という意味になります。 また、他の内線などにtransferred(回してもらう)場合には、"Connecting your call..."(電話をつないでいます)や、"Please hold, I'll transfer you.".” (少々お待ち下さい。ただいまおつなぎ致します。)などと言われます。比較的忙しい時間帯にビジネス用件にて電話した場合には、オペレーターが電話を回す前に"Hello, please hold!" (もしもし、少々お待ち下さい)とだけ言われることもあります。

伝言を残す
電話をした相手が不在の場合、伝言を残せるように用意しておきましょう。voicemail (ボイスメール:電子留守番電話システム)やanswering machine(テープに伝言を残す留守録メッセージ機)に伝言を吹き込むこともできます。 直接オペレーターと話す場合には、"Would you like to leave a message?"(何かご伝言はございますか?)と尋ねられることや、自分から"May I leave a message?" (伝言をお願いしてもいいですか?)ということも可能です。もし相手の方から電話をかけて欲しい場合には、必ず自分の電話番号を残すようにしましょう。これは、 call back numberといいます。

相手の方にもう少しゆっくり話してもらう
相手の英語が全て理解してるかどうか不安な場合には、正直に相手の方に: "My English isn't very strong, could you please speak slowly?" (英語があまり上手ではないので、もう少しゆっくり話して下さい)と言いましょう。ほとんどの人が正直に伝えたことをよく思い、喜んでやってくれることでしょう。

書き留める
英語での電話に不安がある場合には、まず台本を用意しましょう。言いたいことの概要をまず書き出します。前もって考えを整理しておき、電話の最中に何か言葉につまったりしたら、それを参考としましょう。

マナーを忘れずに!
電話において礼儀はとても大切です。 'May I'や、'Could you''Please'などを使い、電話を切る際には、'Thank you''Goodbye'を忘れないようにしましょう。

フレンドを探す


英語でファッションについて話せますか?
ファッションについてどれだけ英語で語ることができるかをテストしてみましょう。
クイズを開始

毎日の英語レッスン

英語での会話をのぞいてみよう。

今日のトピック: 彼女が料理をしない理由は

聞く