会議で役立つ表現|ビジネス英語 | EF Englishtown

ようこそ!言語を選択してください

ようこそ! ログインはこちらから

会員登録はお済みですか?
最先端のオンラインスクールで英会話スキルアップしましょう!

閉じる
無料英会話 >> 英語のビジネス会議 >> 会議で役立つ表現|ビジネス英語
【無料英会話】コラムや動画を見て英語表現や英単語を学ぼう

会議で役立つ表現|ビジネス英語

会議は、ビジネスの上で重要な役割を果たします。国籍もバラバラな人たちが集まると、会議は主に英語で行われます。会議に出席するだけでも、もちろん、会議を取り仕切る役目であれば尚更、以下のフレーズを参考にしてみて下さい。


挨拶/始まり

会議は、言語に関係なく、たいてい同じような形式で成り立っています。そして、会議は挨拶から始まるのが常です!英語では、かしこまった言い方で挨拶をするのであれば、Good morningGood afternoon が、hello.よりも良いでしょう。その後、会議を始める旨を伝えます。例えば、Good morning. It looks like everyone's here, so let's get started.(おはようございます。皆さんお集まりのようですので、始めます)と言えます。

会議の目的

次に、会議参加者にこの会議が開かれた目的を話します。会議の発起人であれば、>We're here today to... また、他の言い方では、Our goal today is...I've called this meeting to...などがあります。その後、簡略した説明を入れます。例えば、We're here today to discuss last quarter's sales figures. (本日は、前期の営業成果について、話し合います)

ビジネス状況の過去暦

会議は、今行われているビジネスについて話合われますが、その前に以前の情報や、状況などを元に話合うのが通常です。minutes from the previous meetingと始まることが良くあります。Minutesとは、議事録のことを指します。議事録に目を通す前に、To begin, let's quickly go over the minutes from our last meeting.と言います。Go overとは、ビジネス用語で再考の意味となります。

話し合う内容と話し合い

さて、やっと本題に入ることが出来ます。話し合いの内容をリストアップされた表をagendaと呼ばれます。会議の司会は、参加者がこのagendaに興味を持たせて話し合いを始めていきます。"Please look at your copy of the agenda. There are xx items on the list today. Let's start with number xx."

そして、成功する会議は、どんどん先に進んでいくという事を忘れてはいけません。次のトピックに進むには、Now that we've discussed..., let's move on to... Move onとは、ビジネスでよく使われる、今のトピックは置いておいて、次に進むという意味になります。

会議を終える

会議を終了する際、必要なフレーズがいくつかあります:話合いをした内容の概要、会議参加者へのお礼、そして、会議終了の挨拶となります。難しいことではありません。概要の説明では、To sum up...を使います。例えば、To sum up, we've determined the sales figures could be better and discussed solutions.と言えます。そして、参加者にはThank you all for attending/coming.とお礼を述べます。また、終了の際は、"The meeting is finished."や、次回も関連した会議を行う場合は、We'll see everyone next...と締めくくります。

フレンドを探す


カナダ英語が分かりますか?
5分のクイズをしてカナダ人にうまく溶け込めるかみてみましょう!
クイズを開始

毎日の英語レッスン

英語での会話をのぞいてみよう。

今日のトピック: 友達にアドバイスをする

聞く